HOME > sfaについて > sfa導入の際には失敗例からも学ぼう

sfa導入の際には失敗例からも学ぼう

これまで営業部の社員が主導で行ってきた、営業の進捗状況の報告や利用した経費の請求などの作業を自動化し、営業部の業務を軽減し社員一人一人の生産性を高めるツールとして多くの企業に導入されているsfaですが、この導入の際に失敗をしたくないという企業も多いかと思います。
sfaツールの導入には初期費用やランニングコストがかかり、その失敗はそうした費用や操作方法などを覚えるなどといった労力が無駄になってしまうためです。
sfaの導入にあたっては成功事例だけでなく、失敗事例からも学ばなければいけません。
その失敗事例の中でも多いのが類似したツールであるcrmと混同して導入してしまうという失敗例があります。
顧客管理システムであるcrmと、営業支援システムであるsfaは基本的なシステムは類似していますが、細部に関しては大きく違います。
そうした違いを分からないまま導入して失敗してしまったという事例が多いようです。


その次に多い失敗が部署ごとに別のsfaツールを導入してしまうという事例です。
似たような機能だからと営業部とマーケティング部等で違うものを選んでしまう事により、データ連携等が上手くいかずかえって混乱を招いてしまったという企業も少なくないようです。
また、従来型の営業活動に慣れてしまっていて、sfa等のツール利用にメンバーの理解が得られないまま導入をしてしまい失敗をしたという話もよく聞きます。
操作方法が中々覚えられない、こうしたツールを利用することに抵抗があるなどの理由でsfaの利用が進まず導入しても放置したまま、結局sfaをやめてしまったという事もあるようです。
こうした失敗を防ぐためには部署内や関連部署とのコミュニケーションを密に行うという事が重要になってきます。


他に多い失敗例が、様々な業態の大企業などがこぞって使用、大幅に業務が改善される等の目に見える部分の言葉だけを見て、どのような目的で導入するかという事が不明瞭のまま何となく導入してしまうという事も失敗につながりやすいです。
なぜ導入したのかも分からないまま操作方法などを覚えさせられる等という事は現場の社員の人達のモチベーションを下げ、生産性を下げる要因にもなります。
さらにはとにかく高性能なものがいいなどという理由で自社に不用な機能が多くついているものを導入してしまい使いこなせず諦めたという失敗例も少なくないようです。
これらの失敗を防ぐためには導入の目的を明確にしたうえで、自社に本当に必要な最小限の機能が付いたものをしっかりと選ぶという事でその可能性を少なく出来るでしょう。

次の記事へ