HOME > sfaについて > sfaを活用することによって得られること

sfaを活用することによって得られること

営業を効率的に行うことができるようなソリューションというのが今求められているわけですが、それがsfaになります。
これは営業のプロセスや進捗状況を非常に極めて効率的なものにすることができるシステムになります。
sfaとは、SalesForceAutomationの略称であり、これまで個人の営業マンが個別に持っていた情報共有や分析を中央システムで行うことによって、SFAは、営業活動のプロセスを可視化することができるようになります。
つまりは、個人的に蓄積されていた営業のやり方というものを共通的な財産にするということができるようなシステムということになるでしょう。
但し、初期のコストとランニングコストも当然、ITですからかかることになりますからその点は留意しておきましょう。


営業成績に関することの評価にも使えることになります。
これまで営業の成績というのは受注数などによって評価するということが多かったのですが、この方法であれば商談内容や進捗など、営業活動を一から最後まで、つまりはプロセスから評価できるようになります。
また、あまり成績の良くない営業マンに関してはそのあたりを確認して指導するということなどにも使えます。
つまりは人材育成に繋げることができるものでもあるといえるでしょう。
明確にどのような営業プロセスとして行ったことであるのか、ということがわかりやすく把握できるということになります。
但し、営業に関する事柄は個人に帰する財産的なものという認識がある営業マンもいたりしして実際にはどのようなプロセスで行ったことかすべてを入力したくない人もいたりはします。


こういうシステムでは目標達成率と達成状況を見ることができるようになったり、予実管理機能であったり、それこそ営業の案件ごとの進捗状況を確認できるようになるような状況にできます。
こうすることによって、今まで紙や或は口頭などでそれなりに説明していたであろう進捗状況を一々報告する必要性がなくなるということになります。
まさに報告連絡相談というような点においてその2/3をこれでまかなうことができるというようなことになるわけです。
営業活動と業務などの可視化をするということができるようになるので属人的ともいえる営業プロセスを標準化することによって営業マンのスキルを均一にし、また底上げに繋げるということができるようになるわけです。
これにより、より効率的な企業活動に繋がるわけです。

次の記事へ