HOME > sfaについて > 入力の手間と企業規模を考慮してsfaを選ぶ

入力の手間と企業規模を考慮してsfaを選ぶ

新たな業務システムを導入しますと、従業員にはデータの入力が求められる事があります。
その際、従業員によっては大きな負担を感じてしまう事もありますから、注意が必要です。
それはsfaも同様です。
確かにを導入しますと、営業セールスの活動も効率化する傾向はあります。
実際sfaを導入した後に、情報共有などがスムーズになったという実例はとても多いです。
しかし従業員が大きな負担を感じてしまうと、かえって効率が落ちてしまう事があります。
またsfaを導入する場合、会社規模も見極める必要があります。
それぞれ最適な従業員規模がありますから、自社の規模に合うsfaを選ぶのが望ましいです。
各社のツールはそれぞれ使い勝手や性能も異なりますから、よく比較検討した上で選ぶのが無難です。


sfaには、その日の実績や数字などを営業マンに報告させる機能があります。
それだけに直行直帰も可能になりますから、とても便利です。
例えば自社の営業マンが、取引先のオフィスにて商談したとします。
一通り商談が完了し、夕方頃になりました。
ところが多くの企業では、営業マンが自社オフィスに戻らなければなりません。
その日の商談の成果などを、自社オフィスで報告する必要があるからです。
しかし取引先のオフィスから自社オフィスに移動するのは、時間がかかります。
その点sfaならば、取引先オフィスにて成果を報告する事ができます。
しかし入力に手間がかかってしまうと、かえって業務効率が落ちてしまいかねません。
そもそも従業員は、必ずしもITに詳しいとは限りません。
あまり手間をかけずに入力できるかどうかは、sfaを選ぶ基準の1つになります。


ところでsfaは、それぞれ会社規模に関する違いがあります。
例えばAの場合は、主に大企業向けのシステムであるとします。
それに対してBは、どちらかといえば中小企業向けの製品です。
Aは従業員が300人を超えるような会社向けの製品であり、Bは少人数の会社に向いている製品です。
もしも自社が中小企業であれば、AよりもBがおすすめです。
大企業向けの製品を導入してしまいますと、システムを利用する際の作業工程が多くなってしまう事があります。
またAは高機能ではありますが、中小企業には不要な機能が実装されていることもあります。
不要な機能があると、かえって使いづらいと感じられる事もありますし、管理者に対する負担も増えてしまいます。
ですから自社の企業規模に合うsfaを選ぶのが望ましいです。

次の記事へ