大学受験は何校受ければ良い?
2017.04.26

教師高校受験も大切ですが、人生を左右するもう1つの大切な受験。
それが「大学受験」になります。
大学受験をするとき「何校ぐらい受験をしておけばよいのか?」という素朴な疑問が頭を過ります。
ここでは、これをテーマにお話を進めていきます。

■現役であれば3~4校ぐらいが平均値

大学受験は、高校受験と異なり、3~4校が一般的な数字となっています。
したがって、地方に住んでいる受験生が、上京し1週間ほど滞在。
このときに一気に3~4校を受験するというケースも、よくある話です。
高校生活を送りながら、大学受験をすることになるため、どうしても受験できる数というのは、限界が出てきてしまいます。
特に、地方からの上京となれば、何かと時間を要してしまうもの。
精神的にも、肉体的にも疲れてしまうため、これ以上は、良い結果を得ることができないとも言われています。

■浪人生であれば5~6校ぐらいが一般的な数字

これまでの話は、あくまでも「現役の受験生」という前提になります。
浪人生になってくると、全く話が変わってきます。
状況が全く異なっているため、話が変わってくることは容易に想像することが。
結論は、既に小見出しに記載してある通り、「5~6校程度」が一般的な数字となっているようです。
「時間が現役受験生よりも多くある」というと語弊があるかもしれませんが…。
実際のところ、現役世代よりも準備期間があるため、これくらいの数字も可能と言うことができます。
「背に腹は変えられない」というわけではありませんが、二浪、三浪…と長く浪人生活を送ることを避けるため、手当たり次第、受験をする人も。
こういった背景もあるため、現役よりも多くなるのも理解できます。

■自分自身とよく相談して「多すぎず・少なすぎず」を意識

先程「手当たり次第」という言葉を使ってしまいましたが、受験をする大学の数を決めるとき、必ず「多すぎず・少なすぎず」を心がけてください。
理由は単純で、多く受けたからと言って、良い結果を得ることができるわけではないということです。
受験しすぎて、逆に心身とも疲れ果ててしまうこともあります。
であれば、数を少なくして、そこに集中した方がよいケースもあるわけです。
逆に少なすぎると、全て不合格になってしまう可能性も高くなるため…多すぎず少なすぎずということに。
自分自身の体調、頭の体調などなど、色々と、自問自答しながら「何処の大学を受けるのか?」を決めることが重要です。
基本的に、挑戦大学、妥当大学、滑り止め大学の3つをベースに数を調整していくとよいです。

▲ ページトップへ