高校受験は何校受ければ良い?
2017.04.26

学生高校受験は、一般的なご家庭であれば「初めての受験」になります。
(幼稚園から私立を目指しているのであれば、全く別の話ですが…)
そして失敗は許されない受験でもあります。
だからこそ、しっかりと備えて受験に臨まないといけません。
そこで「何校ぐらい受験をすればよいのか?」という疑問も出てくるかと。
ここでは「高校受験する校数」について触れていきます。

■多いのは2つで「滑り止め」と「本命」

一般的には、2つの高校を受験することが多いです。
当然、1つは「本命」で、行きたいと思う高校へ受験。
そして、もう1つは、本命が落ちてしまったとき、いざというときのための「滑り止め」になります。
ちなみに…本命と滑り止めは、受験日などの理由から、公立高校を1校、私立高校を1校となるケースが多いです。
地域によっては、公立高校の受験日が、前期と後期に分かれているため「公立」「公立」という選択をすることも可能ではありますが。
ともあれ、一番多いのは、2つの高校を受験になります。

■3つの高校を受ける人も多い

「滑り止めが1つでは心もとない」
「行ってみたい高校が2つあるため、両方に挑戦し、もう1つ滑り止めを受験しておく」
このように3つの高校の受験をするという人も非常に多いです。
私立高校の受験日は、比較的、バラけやすいため、様々な高校を受験することが可能です。
結果、こういった選択肢ができるようになります。

■基本的には「どれだけでも受験することが可能」

このように一般的には「2~3校の受験」が目安となります。
ただ見出しに記載した通り、基本的には無制限で、どれだけ受験をしても問題はないということは言えます。
もちろん、受験する本人の体力が持つ限りではありますが。
また、私立高校の中には、本当にギリギリまで受験日を後ろ(年度末に近い日)に設定をしている場合もあります。
これは、どの高校にも不合格になってしまい、行き先が無くなってしまった学生を拾うための措置として、敢えて設定しているケースも。
ともあれ、受験日は公立高校でなければ、バラけることが多いため、計画を立てて受ける高校の数を決めるとよいでしょう。

◇家庭教師に相談をするのもよい

家庭教師で合格を目指しているのであれば、真っ先に、この家庭教師に「何校受けるべきか?」ということを相談するとよいでしょう。
家庭教師は、いわば受験のプロなので、子どもの適正を見つつ、どのような受験方法がよいのか?と道筋を立ててくれます。
勉強を教えるだけではなく、受験の心構えなども教えることが仕事のため、積極的に利用してみてください。

▲ ページトップへ